埼玉県所沢市にて行った厨房改修工事・塗床工事のご紹介です。

ご依頼のきっかけ・ご提案内容

某大手弁当屋さんの改修工事にてご依頼を頂きました。
厨房床が剥がれてきているとの事で、痛みによってご相談頂きました。
今回はこちらを耐熱性に優れたユークリートにて塗っていきます。

施工前

こちらが施工前の様子です。
床の一部が剥がれてきてしまっているのが分かるかと思います。
厨房の床は、調理員が頻繁に歩く場所ですので、剥がれた床は滑りやすくなり転倒や転落のリスクを高めます。
厨房では熱い調理器具や高温な油が使われることもあるため、安定した足元が非常に重要です。

まずはしっかりと養生を行い、専用の機械で床を研磨していきます。
剥がす過程が終えると、下塗りを行っていきます。
この工程はプライマーと呼ばれており、建築工事で幅広く実施されている下塗り塗料のことです。

塗床工事において大切な過程の1つが「塗料選び」です。
身近な外壁塗装や屋根塗装などと同じく、塗料には色んな種類が存在しており、特徴も異なります。
今回は「ユークリート」を採用致しました。
ユークリートは高密度、不透水性を有し、最も高い衛生水準が要求される環境、最も高い耐久性が要求される環境に適しています。
極度な冷熱温度変化や高い腐食性を有する酸、さらには強い衝撃を床面に与える実験なども行われ、どのような条件下であってもユークリートは損傷を受けないことが実証されています。

こちらはモルタル工法と呼ばれ、金ゴテを使用して塗り広げて施工する方法です。

一発仕上げとなるため、扱いに慣れていないと綺麗な表面にはできません。
弊社は10年以上の経験がありますので、技術に関してもご安心ください。

完工

これにて完工です。

担当者のコメント

この度は「株式会社AIM」にご依頼頂き誠にありがとうございます。
一般的にはあまり聞き馴染のない塗床ですが、皆さんも利用されることのある工場や病院などに施されています。厨房では、コンクリートを保護する目的で美しい床を維持することで、塵やほこりが料理に混入するのを防ぐことなどの効果があります。
埼玉県所沢市にて塗床工事をご検討の際は、是非、株式会社AIMにお任せ下さい!